FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夫多妻制と男女の遺伝子に対する違い

男性には男性の、女性には女性特有の願望や性癖、傾向といったものがあり、それぞれが交わる事なく理解されないものがあります。女性からしてみたら、男性が下着に興奮する様を理解出来ず、男性にしてみたら女性の匂いに興奮する性癖を理解しづらいでしょう。性別によって異なり、理解が平行線を辿るものというのはあります。

例えば、日本を初めとした先進国では一夫一妻制ですが、中東からアフリカにかけては一夫多妻制が主流となっています。男性は本能的には誰とでもセックス出来ます。女性は本能的には最も優れていると思う男性とだけセックスしたいと思います。

一夫多妻制が主流の国では、一人の男性に多くの女性が群がる一方、財力など魅力に乏しい男性は一生独身となります。制度として一夫一妻制を用いれば独身者の確率は低くなり、多くの人が婚姻関係となりやすい、つまり多くの人が財力を分け合いやすくなります。

しかし資本主義社会下では貧富の差というのは必然であり、それは弱肉強食という言葉で表される通り、「強い者」が多くを取る世界です。制度としては一夫一妻制ですが、実際には不倫が横行しており、魅力のある男性には女性が寄ってくる一方、魅力に乏しい男性には全く寄ってきません。制度として守られていても、自然の摂理としては不倫は自然といえます。

男性はどんな女性相手にも本能的にはセックス出来ますが、女性は他の女性と一緒でもいいから魅力のある男性とセックスを求めます。これは優秀な遺伝子に対して群がる女性と、優秀な遺伝子を広く残したい男性の違いがあります。遺伝子は産む側がコントロールするといえます。

http://hitoduma-get.net/archives/15
こちらの体験談では震災によって主人を亡くした未亡人とのセックスが綴られていますが、精神的な結びつきが大事といわれる女性のセックス感が前提としてあっても、遺伝子をもらう相手である旦那が存在しなくなれば、本能的には代替の相手を求めなければなりません。

ただし結婚した男性との性生活が順調でなかった場合には、そのまま性欲を持つことなく過ごす女性も多いといわれます。男性の性欲がセクハラや痴漢など、社会的に禁止されている一方で、女性の性欲も社会的に抑制される事が多いのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。